前橋市堤町 | 江木幼稚園

基本理念

◯自ら考え行動できる力を養う

◯自らの人生を切り開いていける思考力と力強さを養う

◯世の中の役に立つ人格形成の基礎づくりを目指す


本園では創立60年以上の歴史と伝統の中で、漢字教育には40年以上の蓄積と実績を、体操や水泳に数々の成果を築き続けてきました、文武両道の精神で心も体も成長させる現代の「寺子屋」教育を行っています。小学校にいったとき、大きな違いを実感します。

TEL:027-269-0809
トピックス
現在新着情報はありません。
教育方針

教育方針

  

 心豊かに、明るく、正しく、創造性を培い、真の人間性基礎づくりに力を入れ、幼児の可能性を伸ばす。

 知育、徳育、体育に力を入れ、中でも知育教育は、幼児の集中力を養い、理解力を伸ばし、思考力を高め、道徳心の芽生えを養う

 

≪教育目標≫

  活き活きと元気のあるたくましい子を育てる。

  子供の無限の可能性を信じ良いところを伸ばす。

  様々なことに感動できる豊かな心を育む。

  心の優しい子を育てる。

  基本的生活習慣を身につける。

  文武両道、学習にもスポーツもどちらも出来る素地を培う。

 

幼児の健全な育成は、先ず良い生活習慣が基本になっています。起床就寝時間は子供の成長に非常に大きな影響を与えます。良い生活習慣の基盤があってこそ、その上に積み重なって成長して行きます。

江木幼稚園では言葉の教育に力を入れています。言葉は「言霊」(ことだま)と言って、その人の魂、心を現す大切なものです。
良い言葉、名文を暗唱しながら心に染み渡らせながら潜在意識に働きかけます。
日本語の豊かさ、表現力の美しさに加えて、世界の言語の中で最も脳を発達させる漢字仮名交じり文を保育に取り入れ、自ら考えることの出来る人材育成を目指しています。

幼児期は「つ」のつく時期の教育です。この時期に培ったことは、潜在意識に入り、意識の中に記憶されていなくとも、一生涯忘れる事はありません。
本園では躾の3原則「挨拶、返事、履き物をそろえる」その他、やる気、頑張る強い気持ちなど様々な観点から幼児を指導しています。

江木幼稚園では子供は天才を常に念頭に置き、能力の限界を決めず、高度な事も指導しています。
子供達は私達の想像を遙かに超え素晴らしい能力を発揮し、与えれば与えるほど吸収し、成長発達していくのが幼児期です。

体操やスポーツを通じ心と体を鍛え、真に強い子を育てるため、組み体操や機械体操、水泳を取り入れ、「心も体も芯のある子」を育てる教育を目指しています。